上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・・・などと改めて宣言するまでもなく、アイフルが大好きな司法書士なんて、不動産担保ローンの根抵当権設定登記を一手に引き受けていた一部ベテラン司法書士ぐらいなものだわな。
あえて誰だとは名指ししませんが。

わたしの事務所にも、時々、飛び込みでサラ金の根抵当権抹消登記の依頼がきます。
ようは自宅をカタにサラ金から多額の借金をしていたひとが、どうにかこうにかして借金を払い終えて、自宅に設定されているサラ金の根抵当権を消してくれ、という依頼です。

その中でもアイフルの根抵当権抹消に関しては、ご丁寧にもアイフルから「抹消登記手続のご案内」なる文書が借金を払い終えた(元)債務者に送られてきます。実はこの文書がひどい。司法書士に対する営業妨害なのです(笑)。


ご契約者様各位
この度はご完済いただき、誠にありがとうございました。
つきましては、弊社根抵当権の抹消登記手続に必要な書類をお送りしますのでお受け取りください。
ところで、抹消登記手続については、ご自分でなさったほとんどのお客様から、「意外にも簡単な手続だった」との声をお聞きします。中には専門家に手続を依頼される方もおられるようですが、まだお決めになっていない場合は、ご自分でお手続されることをおすすめします。


以下、アイフルによると、「お知らせしたいこと」として
①根抵当権抹消は『簡単』であることをアピール。

→そりゃあ、テメェのところから貸し付けられた借金を耳揃えて返済することの困難さに比べりゃあ遥かに簡単だわな。
②専門家(司法書士)に依頼すると報酬を請求されるが、自分で登記すれば数千円の実費だけですんで『安い』ことをアピール。
→抹消登記の報酬なんざタカが知れとるわ。テメェが毟り取った借金の利息、何百万円になっとるんや。
③法務局に一度足を運んで登記申請すれば、あとは数日後に登記完了するから『早い』ことをアピール。
→登記相談に何度も何度も法務局に足を運び、補正があれば法務局に出頭させられ、そもそも抹消登記の前提として必要な別の登記があったりすると申請取下になりイチからやり直し・・・というような手間暇を存分にかけてもいいならご自身で登記申請されればいいんじゃないですか。


ようははじめからアイフルなんかから借金しなけりゃいいんですよ(笑)。

アイフルが何を考えてこんな「ご案内」文書を送りつけてくるのか、本当のところは判りません。
業績低迷に追い込まれた恨みから、司法書士の仕事を減らしてやろうというセコイ魂胆なのか。
あるいはまた、(元)債務者が司法書士に根抵当権抹消登記の相談をすることで「これ、ひょっとして過払金発生してるんじゃね?」と気づかれてしまうことを警戒しているのか(これもセコイ)。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。