上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年のお盆休み直前、右下の奥歯が割れた。
事務所でおやつに分厚い割れチョコを齧っていて、突然ガリガリッという音を立てて奥歯に硬い異物が挟まった。
チョコレートの中に砂糖の塊でも混じっていたのかと勘違いし、その異物を噛み砕こうとするも全く噛み切れず、仕方なく呑み込んでしまったのだが、それがすなわち割れた奥歯の一部だったのだ。

自分の体の頑強さを過信していたので、突然の出来事にびっくり仰天。
1本の歯の3分の1ぐらいがボロリとなくなってしまったのだが、不思議と痛くない。なにより歯医者には小学校2年生の時以来通ったことがなく、いまさら行きたくない。何だかキリキリと歯を痛めつけられたイヤな記憶だけは残っている。

そんなわけで今日まで半月ほど奥歯を放っておいたのだが、割れた歯の断面で舌の側面を傷つけてしまい、舌が炎症を起こしてしまったからさあ大変。うまくしゃべることができない。口が開かないわ舌が回らないわでレロレロパッパ状態になってしまったので覚悟を決めて今日から歯医者に通院することにした。

それにしてもあの歯を削る機械の恐ろしいこと恐ろしいこと。歯が割れても痛みはなかったのに、あの機械で歯を削られると、じわじわとしみだすように痛みが走る。これだよこれ、これがイヤだったんだ。イタイイタイなどと口走ろうものなら、動き回った舌ごと削られて口の中が血の海になるのではないかという恐怖感に襲われ、体はつま先まで硬直してしまう(笑)。

治療ついでに歯垢やら歯石やらをきれいに落としてもらえたのは収穫でした。コーヒーの飲みすぎですっかり黄ばんでしまっていた前歯が真っ白になっていたのに感激です。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。